釣行記

釣行記 2020/10/29 石川、能登半島での投げ釣り(シロギス、クロダイ等)

秋もだいぶ深まってきた10月下旬。
気候にも釣果にも恵まれやすく、釣りをするにはとても良いシーズンになってきた。

今の時期に砂浜で狙うシロギスはサイズも大きいし、何より数も多く釣れるので、投げ釣りに関しては特に楽しい季節!

せっかくなので旅行気分で釣りに出かけようと思い、少し遠出をして石川県の能登半島まで向かう事にした。
今回は一人旅ではなく妻と愛犬も一緒に行くので、一日中釣り、というわけにはいかないけれど。

能登半島はバイクで日本中を旅行していた頃から特に大好きな場所で、今でも年に2,3回は訪れている。
ここは景色も綺麗だし魚も美味しいし…で、そもそも釣りを抜きにしても十分楽しめる場所だけど、釣りをしてみても、魚影が濃くて釣れる魚種も多く、一日中飽きずに釣りを楽しめるという、自分にとっては正に天国のような場所。

いい時期に能登半島で釣りが出来る事がとても楽しみで、出発する何日も前から釣りの準備を進めていた。

7時間かけて到着

出発当日。
深夜12時に自宅の埼玉県を車で出発し、能登半島の入り口である「和倉温泉」に到着したのが朝の7時。

約7時間で、距離はだいたい500kmの移動。
20代の頃は同じ距離を深夜にバイクでよく往復してたけど、バイクだと到着する頃にはだいぶ疲れていた…
埼玉と能登は寒暖差もそれなりにあるので、寒さによる疲労も大きかった。

そう考えると今の車の移動はとても快適で、何の苦労も無く来れるのは幸せだなぁ…と思う。
バイクで行く能登半島もまた格別なので、たまにはバイクで来たいと思うけど。

和倉温泉にある入浴施設「総湯」がちょうど朝7時オープンだという事を知っていたので、出発の時から総湯まで直行し、のんびり朝風呂に入って一休みしてから釣りをしようと決めていた。

ゆっくり温泉に浸かった後は、そのまま釣り場まで向かう事に。
行き先は能登半島西側にある砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」。

波打ち際のすぐ手前まで車を走らせることが出来る、日本では1箇所だけ、世界では3箇所だけという非常に珍しい場所。

何と言っても砂浜で釣りをするのに、「波打ち際のすぐ手前まで車で来れる」なんて、こんなに恵まれている投げ釣りポイントはこの場所以外にはどこを探したって無いと思う…

到着してから1時間ほど、車の中で波の音を聞きながら仮眠し、午前10頃から釣りの準備を始めた。

僕としては珍しく天気にも恵まれ…(笑)
とてもいいロケーションの中で釣り開始。

AM10:00〜

120m(4色半)程度、ちょっとだけ遠目の場所まで遠投して、ゆっくりとさびいていく。

すると一投目からプルプルっという気持ちいい当たり。
仕掛けを投入してから30秒も経っていない。

まずは一匹だけでも姿を見よう!と思い、仕掛けをすぐ回収すると、

本命のシロギス
サイズは15,6センチくらいで、思っていた程は大きく無い…かな?
とは言え、一投目からシロギスに出会えたのはかなり嬉しい。

その後も仕掛けを投入していくが毎投当たりがあり、時々小さいのも混ざってしまうが、大体15〜20センチ程のサイズのキスが入れ食いに。

使用していた3本針の仕掛けには、しっかり食わせる事でほぼ全ての針に掛かってくる。

こんな事ならば5本針以上の仕掛けも準備してくれば良かったかなあ・・・

たまに波打ち際を見てみると、すぐ目の前までキスが泳いで来ているのが見える。

この状態ならば、恐らくちょい投げでも問題なく釣りが出来そう。
実際にちょい投げで釣りをされている方もちょこちょこ居て、問題なく釣れているようだった。

PM0:00頃 ゲストが釣れる

2時間程かなりの入れ食い状態の中釣りを楽しんでいた所、急に「ゴンッ!」と竿を叩かれるような大きな当たりがあった。

0.8号のキス釣り用のハリスと、ドラグの付いていない投げ釣り用の竿ではちょっと厳しい当たり…

幸いにも波打ち際からそれほど遠くない近場で掛かってくれたので、慎重にやりとりをしつつ上げてみると…

釣れてきたのはクロダイ
大きさは34cm。

近場とは言え、よく0.8号の細いハリスで上げられたもんだ…

キスを釣りに来たんだけど、このクロダイが今日一番楽しいやり取りをしてくれた魚となった。

その後も昼過ぎまで、ポイント移動の必要もなくずっと同じ場所でキスが釣れ続けた。

やはり魚影も濃くロケーションも抜群で、わざわざ千里浜なぎさドライブウェイまで来た甲斐があった。
釣り人も多いけれど、全長8kmの長さのある広大な釣り場(砂浜)なので、伊豆などで良くある「釣り場に来たけれど大混雑でどこにも入れない問題」が起きる心配もなく、安心して来れる場所だと思う。

ただ、千里浜なぎさドライブウェイは夏の間は海水浴客が多く訪れる場所なので、海水浴シーズンに釣りを行う場合だけは細心の注意が必要になりそう。

PM3:00〜 堤防でちょい投げに変更

今回の釣り旅行は一人ではなく奥さんも居たので、一日中釣りをするわけにもいかず…
早めに切り上げて、能登島まで観光に行く事に。

途中、妻から「堤防の方が投げ釣り(ちょい投げ)しやすい!」
という要望があったので、能登島にある小さな堤防で30分ほどちょい投げをする事に。
観光と言ったのに、結局釣りをしてしまう…(笑)

能登島は千里浜と違って内湾にある為、釣れる魚がガラッと変わり、ヒイラギやフグなどの餌取りの活性がとても高い。
それはそれで、色々な種類の魚が見れて楽しいんだけど…

色々な餌取りと遊んで、そろそろ終わろうかなと思っていた矢先、ブルブルッ!というなかなかの強い引きが。

上げてみると、

今日一の大きいキス!
サイズは23.5cm。

最後の最後に大型のキスを釣る事が出来て良かった…
とても満足の行く釣りが出来た1日だった。

釣り終了

1泊2日の旅行だったが、釣りは初日だけで終了。

正直言うともっと釣りたかったけど、付き合わせている妻と愛犬にも悪いので(笑)、2日目は家族サービスに徹する事にした。

シロギスも沢山釣れたし、クロダイを初め色々なゲストにも会えたので、割と満足の行く釣りが出来た。

それにしても千里浜。
本当に良い場所だなぁ…

もっとアクセスの良い所にも、こんな釣り場があったら良いのに。
来年もこの時期にまた来よう。

皆さんも良かったら千里浜、ぜひ行ってみて釣りをしてみてください。
ちょい投げでも十分楽しめるのでオススメです!

今回の釣行で使用したタックル

ダイワ ランドサーフT

シマノ スーパーエアロ サーフリーダーCI4+