釣り具

管理人の自己紹介と、このサイトについてのおはなし。

初めまして!Throw Life Fishing 管理人のタケです。

タケ(管理人)

このサイトを見ていただいてありがとうございます!

このページではボクの釣り歴の話や、大好きな釣りかた、よく狙うターゲットなんかについて色々と書いていきたいと思います。

ちなみにこのサイトに登場するのは主にふたり。

タケ(管理人)

このサイトの管理人のタケです。子供の頃から釣りが大好き。特に投げ釣り!
このページではボクの自己紹介をしていきます。

うめまる

タケのおともだちのうめまるだよ。
魚は大好き!釣るのも食べるのも!でも釣るのはまだまだ初心者だけどね。

その他にもいろんな人(?)が登場しますので、よろしくお願いします!

子供の頃のボクの釣り

ボクが初めて釣りをしたのが5歳の頃。
生まれた場所は海まで歩いて徒歩約30秒という、釣りをするには絶好の場所でした。

とても田舎な場所なので、そこで育った子供の遊びといえば「釣り」以外にはほとんどありません。
夏休みは友達と毎日海で待ち合わせして、釣りをしていました。

友達もボクもハマっていた釣りは「投げ釣り」。
河口にも近い場所だったので、釣れる魚はセイゴ(スズキの子供)、マゴチ、ハゼ、ウナギ、エイ、などなど…
特に大人気のターゲットは「エイ」でした。

うめまる

なんでエイが人気なのさ…

タケ

デカくて引きがすごく強い!と言う理由だけ…
子供の力では限界があったから、掛かっても釣り上げられる事はほとんど無かったんだけどね。

ちなみに大不評のターゲットは「ウナギ」でした。
なけなしのお小遣いで買った仕掛けを、ウナギはくねくね大暴れして絡めてしまうのです…
今では考えられないくらい当時はウナギが大量に釣れて、うんざりするほどでした。

ちなみに投げ釣りの餌といえば「アオイソメ」なのですが、当時も価格は今とほとんど変わらず500円。
当時の小学生にとっては、とんでもない金額です。

なので「アオイソメ」を使える釣りは、大人と一緒に釣りに行った時。
もしくは「友達と釣りに行くから!」と言った時に、母親からお小遣いをもらえた日。

タケ

ま、お小遣いをもらえた時も、餌を買わずにお菓子とジュースと花火を買うのに使う事がほとんどなんですけどね。

なので、基本的に釣り餌は現地調達。
河口あたりで土を深く掘ると、ピンク色の細いゴカイのような生き物がうじゃうじゃいて、それを取って釣り餌にしていました。

アイコン名を入力

大人になってからあの虫を調べたんですが、結局正体が判明しませんでした。
一体なんだったんだろうあの虫…

うめまる

なにそれすごい怖い

その虫を使うとハゼやセイゴやウナギ、クロダイが本当によく釣れました。
アオイソメより釣れたと思います。その虫がその釣り場に一番合った餌だったのかもしれません。

他にも、テトラポットにくっついている牡蠣を割って餌にしたり、砂浜を掘って出てくる貝(アケミ貝)を餌にしたり。

あとは小さいハゼがかかってもそのままにしておくと、それを食べるためにマゴチが掛かる事もありました。

うめまる

ほんと投げ釣りばっかりやってたんだね

タケ

うん、投げ釣りが大好きだったよ。
というか、それ以外の釣りを知ろうと思わないくらい、ボクは投げ釣りに夢中だった。
友達はウキ釣りとか色々やってたんだけどね。

それから中学生の頃まで大ハマりしていた釣り。
高校生になってからは、釣りに行く回数は大きく減ってしまいました。

大人になってからの釣りと、このサイトを作ったきっかけ

高校を卒業してから上京。
東京生活ではなかなか釣りをする機会がありません。

しかし、故郷を離れてから「釣りをしたい…!」という気持ちが再燃。
バイクの免許を取り、バイクを購入し、そのバイクで海までよく出かけました。
リュックサックに小さくしまえるパックロッドと投げ釣りの仕掛け。そしてルアー。

夜中に東京湾まで出かけては釣りをし、セイゴなどを釣り、朝になってから帰るという生活をしていました。

たまに帰省した時も、家にはほとんどおらず、すぐに釣りに出かけていました。

タケ

大人になってからは投げ釣り以外にもサビキやルアー、船釣りをするようになりました。
でも好きなのは断然投げ釣り。

そんなある日、仕事の関係で伊豆の熱海に引っ越す事に。
釣りが好きな自分にとっては、再度引っ越す事になるまではとても幸せな時間を過ごせました。

うめまる

そのまま住んだりしなかったんだね

たけ

うん、住んだのは4年くらい。
でもボクにとっては凄く貴重で幸せな4年間だった!

その4年間は、ボクの中では凄く幸せな期間で、釣りに関する考え方が大きく変わった期間でもありました。

本物の釣りのプロと出会い、間近でその釣りを見れたこと。
日本中の人が集まる”釣りの聖地”と言われる場所で釣りが出来たこと。
それまでに釣ったことのない魚とたくさん出会えたこと。

そして何より、釣り人のマナーの問題に直面したこと。
それによって釣り禁止となった漁港で働く人たちの、釣り人に対する不満を直接聞けたこと。

釣り人の抱えている問題は非常に多く、カンタンに解決はできない、という事に気付かされました。

それまでずっと、なんとなく釣りを楽しんでいたボク。
本当にしっかりと「釣り」という物に向き合おうという気持ちが芽生えました。

「今」だけの釣りを楽しむだけではなく、今よりももっと楽しい釣りができる未来になるように。

タケ

なーんて偉そうな事言っても、ボク一人の力で出来ることなんて小さいんですけどね…

でもみんなが楽しく、正しく、安全な釣りができるように、少しでも何か影響のある事が出来るといいなぁ…
と、それからずっと思い続けています。

このサイトも、そんな思いがあって作りました。

よく狙っている魚

大人になった今、よく狙うターゲットはカワハギやキス。
堤防やサーフ(砂浜)から仕掛けを投げて、よく狙っています。

とある堤防で釣ったカワハギ。

カワハギはボクが大人になってから出会ったターゲットでした。
釣るのが難しい分、釣り上げて手元に寄せた時の感動と興奮は他の魚ではちょっと味わえない嬉しさ。

タケ

カワハギが釣れたときって、一人で釣りをしててもちょっと声が漏れちゃうんだよね。
「やったぁ…!」って…笑

うめまる

カワハギは釣るのも楽しいけど、食べる方がもっと好き!
美味しいよねぇ。

カワハギに出会ってからは、船釣りやボートでもカワハギを狙うようになりました。
沖に出て狙うカワハギも釣るのはとても難しいけど、戦略性があって楽しいです!

サーフ(砂浜)で釣ったシロギス。onまな板

砂浜ではシロギスを狙います。
この釣りの楽しさは、とにかく全力で遠くに仕掛けを投げられる事!
思いっ切り仕掛けをブン投げる爽快感はたまりません。

うめまる

子供の頃からやってたのはこの釣り?

タケ

ううん、子供の頃は本格的な投げ釣りじゃなくて「ちょい投げ」だった。
だからなんだかんだ言ってもちょい投げが一番好きかも…

堤防や砂浜からのちょい投げでも、本格的な投げ釣りと変わらず様々な魚をターゲットにできます。

その時の状況や釣り場に合わせて、釣り方を変えるようにしています。

ヒラツメガニ

また砂浜でやる釣りとしては、カニ釣りなんかも好きだったりします。
独特な仕掛けで狙うのですが、釣っても楽しいし食べても美味しい、とっても魅力的なターゲットです!

投げ釣り以外の釣りについて

と、投げ釣りの事を話しましたが、実は投げ釣り以外の釣りも良くやっています。
季節や釣れる時間帯に合わせてウキ釣やカゴ釣り、ルアー等、様々な釣りを行なっています。

船釣りや自分で漕ぐボート釣りも良く行っています。
お恥ずかしい事に船酔いが酷い体質なので、割と沖に出る釣りは苦戦しているのですが…

とあるボート釣り、大漁だった日の釣果。

でも、沖で釣る事の良さは、何と言っても魚の種類、魚の量、魚の大きさ、全てが良い事!
少しでも海が荒れてたりすると危険だし、船酔いの危険も上がるので…いつでもボートに乗れる、という訳にはいかないですけどね。
ボート釣りでの釣果も、後々ここで紹介していければと思います。

このサイトでやっていきたい事

このサイトでは、ボク自身の釣りの記録をはじめとして、さまざまな釣りのノウハウや役立つ情報、釣りマナーについてなんかも書いていきたいです。

釣りが大好きな、そしてこれから釣りが大好きになる皆さんに向けて、今後も楽しく釣りを続けていくための様々な情報をお伝えしていきたいと思います。

タケ

偉そうなことを言っても、ボク自身、釣りに関してはまだまだ分からない事もたくさんあるのですが…

うめまる

このサイトと一緒に、僕たちも成長していきたいね!

ボクが今知っていることだけではなく、ボクが釣りに関してこれから学んだ事や得られた事など、ぜひみんなで共有していけたらと思っています。

それでは、Throw Life Fishingをこれからもどうぞよろしくお願いいたします!